半生タイプ

粗悪なドッグフードって?

犬は飼い主にとっては家族の一員である大切なペットです。
病気などから守ってあげたいと思うのが自然でしょう。
しかし毎日与えている餌そのものが粗悪なものだったとしたら、それはペットを知らず知らずのうちに病気へと導いてしまっているのかも知れません。

うちは高級なドッグフードを与えているから大丈夫だとお思いの方も多いかも知れません。
しかしきちんと成分表示を確認していますか。
値段の高い物の方が危険性は少なくなりますが、成分表をきちんと確認しないと高級なドッグフードでも粗悪なものが混ざっている可能性は否定できないのです。
成分表示には原材料の多い順に表記するというルールがあります。
一番初めに穀物の名前があるものは、肉を抑えて穀類でかさ増ししていると考えてよいでしょう。
犬は穀類の消化がそれほどうまくはありません。
消化不良を起こして、穀物アレルギーにつながる恐れがあります。
一番初めに肉の名前があっても、肉類やミール・肉由来製品などの表示があるものも避けた方が無難と言えます。
鶏肉、ラム肉などのしっかりとした何の肉なのかの明記がないものは危険が伴います。
肉類で表示される肉とは、肉以外の内臓や骨・体毛、最悪だと排泄物も混ざっている事もあるのです。
また4Dミートと呼ばれる最低ランクの肉が含まれている可能性も否めません。
4Dミートとは、Dead、Dying、Diseased、Disabledの頭文字のDを意味しています。死んだ物や病死した動物、ケガなどで死にかけていた動物や、障害のある動物の肉の事を指し、人間は食べる事の出来ない肉として廃棄されるはずの肉の事です。
また、肉由来などは、狂牛病で知られることになった肉骨粉なども含まれます。
次に添加物や防腐剤も危険です。
肉のみであれば香りや色をごまかすための添加物は必要ありません。
人間には使用できない防腐剤もペッドフードには使ってよい事になっているので、防腐剤の使用の有無も確認が必要です。
人間には発がん性が認められて中止されている防腐剤も、ドッグフードには使用されている事もあるのが実情なのです。

粗悪なドッグフードを見極めるためには、何よりも成分表示を正しく見る目が必要になります。
正しい知識を持ち人気や、値段に惑わされず飼い主が見極めて選ぶことが、犬の健康を保つことにつながると言えます。
また、犬猫両方飼っている方には知っていただきたいドッグフードとキャットフードの違いについても参考にご覧ください。