半生タイプ

食いつきのいいドッグフードは?

犬にドッグフードを与えた時に、食いつきよく食べてくれるとうれしいですよね。
犬の食いつきの違いは、どこにあるのでしょうか。

犬は人の何倍もにおいに敏感という事は、周知の事実でしょう。
警察犬、捜索犬、人命救助犬などとして活躍している犬も多数いるので、においに敏感な動物という事は証明されています。
ドッグフードを食べる時に一番初めに食欲がわくポイントは、においではないでしょうか。
食いつきの良いドッグフードは、においが良いものという事が第一条件と言えます。
人間でも、おいしそうなにおいを嗅ぐとおなかが空いたり、そのにおいの食べ物が食べたくなったりします。
犬も同様です。
おいしいにおいがすると食欲がわいて、食いつきがよくなるのです。
犬はもともと肉食の動物です。
お肉の良いにおいのするドッグフードを好んで食べる傾向があります。
しかし粗悪なドッグフードは、穀類が主原料となっており、においをつけるために添加物を使用しているものが多数存在します。
初めは合成されたにおいに騙されてくれる犬もいるかもしれませんが、実際食べておいしくなかったり逆ににおいをきつく感じたりすると、食いつきは悪くなります。
防腐剤のにおいが気になって食べられない場合も考えられます。
本能的に危険と察知して防腐剤のにおいを嗅ぎ分けている可能性も否定できません。
防腐剤には人間には使用不可になっていたり、発がん性が確認されているものがあります。

それらの危険な防腐剤を使用しているドッグフードも発売されているのです。
食いつきの悪いドッグフードには犬にとって必要のないものが含まれている可能性があります。
食いつきが悪いと感じた場合は成分表示をもう一度よく確認して、良くない成分が含まれていないかを確かめる必要があります。

また味の問題もあります。
においがよくても、味が伴わなければ、長続きしません。
肉のエキスも重要です。
味の決め手は肉のエキスとも言えます。
肉が主成分だと、エキスも多く含まれているので、においと共に味にも満足して食いつきも良くなると言えます。

犬にも好き嫌いはあります。
好物のものが入っていれば、当然食いつきも良くなります。

食いつきの良いドッグフードとは、優良な成分でおいしそうなにおいがするものと言えます。

これだと思って購入した商品でも全く食べてくれないことも良くあることで、特に高額商品や大袋で購入した場合開封後には返品できなくて困ってしまいます。
サンプル品であれば無料なので、持ち帰って食べてくれなくても懐が痛むことはなく、複数のサンプル品を利用すれば、犬の好みも商品も把握できます。
昨日まで喜んで食べていたモノでも急に口にしなくなることもあり、そんな時にいくつか異なる商品を用意しておけば安心です。
また、動物病院とペットショップのドッグフードの違いについても知っておくと便利です。