半生タイプ

ホームセンターでドッグフードを選ぶコツ

犬にとって体に良いドッグフードを選んであげたいというのは、愛犬家であれば当然の考えです。
では身近なホームセンターでドッグフードを選ぶときには、どういったものを選択すればよいのでしょうか。
選択する際の最低限の基準はどういったものでしょうか。

ドッグフードを購入するのに、手軽に出かけられて買い物のついでに買えるという利点があるのがホームセンターです。
ホームセンターは近年のペットブームを受けてたくさんの種類のペット用品やドッグフードを取り揃えています。
そんなホームセンターで購入する場合、どのような点に気を付けるとよいのでしょう。

ホームセンターで購入するときには、価格が第一基準になります。
安すぎる場合には、粗悪なものが多用されている危険があるからです。
確かめるためにも、成分表示を見る事が重要です。
成分表示は成分の多い順から記載されています。
犬はもともと肉食の動物であり、穀類の消化はあまり得意とは言えません。
一番初めに小麦やトウモロコシ・大豆などの穀類の表示があるものはお勧めできません。
穀類を多用することで、コストを抑えていたりする可能性があります。
また、穀類を摂りすぎると消化不良を起こして、体調を崩す恐れもあり、穀物アレルギーの原因にもなりかねないので、避けた方がいいと言えます。
一番初めの表示は、肉の名前が明記されているものが理想的です。
肉ではなく、鶏肉、馬肉、牛肉、など何の肉なのかがはっきり明記してあることも重要です。
肉類や肉由来、ミール、動物性油脂という表示もあいまいなので、肉以外のものが多用されている可能性があります。
ペット用の食べ物の基準と、人間用の食用の基準の法律がそもそも違うという事を覚えておく必要があります。
動物用の食用基準は、人間用に比べるとだいぶ緩いと言わざるを得ないものになっており、飼い主の見極めが肝心となります。
次に防腐剤を使用してあるかどうかも、重要です。
エトキシキンやBHAなどの防腐剤は、人間には使用規制のあるものです。
こういう名前が配合されているものは、犬の事を思えば、避けたい所です。
ホームセンターは、実物を手に取って見極められることが利点です。
外装の状態を確認したり、細かな説明もみれますし、他の商品と比べる事も容易にできます。

ホームセンターで特売だからという理由で安易に購入するのではなく、きちんとドッグフードの成分表示を確認して見極めて購入することが大切です。