半生タイプ

おすすめしたいドッグフードの成分

犬も人間も健康な体作りは食生活が基本です。
では犬にとって良いドッグフードの成分はどういったものがあるのでしょうか。

ドッグフードの成分表示は、含まれている原材料の多い順に明記されるルールがあります。
犬は人間と暮らすうちに雑食になったものの、もとは肉食の動物です。
今でも肉食寄りの雑食なのです。
原材料の一番初めは鶏肉、ラム肉など、肉の具体的な名前が明記されているものがいいと言えます。
肉にはたんぱく質が含まれており、犬にとってなくてはならない成分です。
たんぱく質はアミノ酸となり、筋肉やホルモンなどの体の組織を作ることに役立つ大切な成分です。
ドッグフードの主原料が穀類になってしまうと、アミノ酸が少なくなり毛つやが悪くなったり、抜け毛が多くなります。
また犬は穀類の消化がそれほど得意ではないので、穀類を食べ過ぎると消化不良を起こしたリ、体調に支障をきたす原因にもなります。

体の中で合成できない必須脂肪酸と呼ばれる成分も、食事から摂取する必要があります。
リノール酸、リノレン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸などがこれに当たります。
これらはエネルギーを蓄えたり神経組織の発達などに作用するので、適度な摂取が必要です。

ビタミン類やミネラル類も、犬の体にとって大切な成分です。
ビタミン類は体を健康に保つために重要な役割を果たし、病気にかかりにくい体や新陳代謝などを促すなどの役割を担っています。
鉄分やカルシウムなどのミネラルも骨や筋肉の働きを保ったり、丈夫にするためには不可欠な栄養素と言えます。

しかしどの栄養素も適切な量があります。
不足したり過剰に摂取する事によって、病気や肥満を誘発する危険性もあります。
必要な栄養素をバランスよく摂取することが何よりも大切と言えます。
また、気になるドッグフードの賞味期限も知っておきましょう。