半生タイプ

キャットフードとの違い

犬派・猫派というように、家庭で飼われる多くが猫か犬です。
では犬と猫は餌も一緒でいいのでしょうか。
犬と猫は別の生き物なので、与える餌も違ってきます。

犬はもともとは肉食でしたが、現在は雑食寄りの動物です。
猫は今でも現役の肉食動物です。
動物の種類が違うので、必要な栄養素も変わってきます。
ドッグフードとキャットフードと分かれているのは、栄養成分が違っているからです。
どちらも同じものでよければ、犬猫用のペッドフードとして売られているはずです。
犬は雑食よりなので、ある程度穀類を消化することも出来ます。
しかし猫は肉食動物なので、穀類の消化はとても苦手としています。
また猫は体の中でタウリンを作ることができない生き物なので、ドッグフードを食べ続けるとからだに必要な栄養素が足りなくなり、栄養失調に陥ってしまいます。
逆に犬にとってキャットフードは、栄養過多となる食べ物です。
ドッグフードよりも塩分濃度が濃いものが多く、食べ続けると塩分を分解できずに腎臓に障害が出たり、栄養過多の為に生活習慣病になってしまうなどの危険も伴うのです。
キャットフードは塩分も多めなので味も濃く、犬にとっても刺激的でおいしいと感じるものと言えます。
そのため一度食べてしまうと味を覚えて、ドッグフードへの食いつきが減ってしまうという弊害も出てしまいます。
犬と猫を一緒に飼育している場合は、餌のやり方に注意が必要と言えます。

犬と猫は、よく比べられがちな動物ですが、体のつくり自体が違います。
苦手な食べ物などが同じなどの共通点はありますが、必要な栄養素は違ってきます。
犬、猫と一緒に考えずに、犬には犬の、猫には猫の体に合わせたドックフード、キャットフードがあります。
わざわざ分けて作ってあるのはそれなりの理由があることを認識することが必要です。
犬が喜ぶからと言ってキャットフードを与えると、病気につながってしまうという事を知っておくことが大切です。
大切な愛犬には安心安全なドッグフードを与えましょう。