半生タイプ

尿結石の犬に適したドッグフード

犬も時には病気になります。
食生活の乱れや食事のバランスが原因で病気になってしまう事もあります。
尿結石は体のミネラルバランスが崩れる事が原因で起こる病気の一つです。

尿結石とは、腎臓や、膀胱、尿道などに結石ができてしまい、詰まって尿が出にくくなってしまったり痛みを伴うなど犬にとっては苦痛極まりない病気です。
食事によってミネラルバランスが崩れると、体外に出てはいけない量のミネラルが排泄されます。
尿のpH値が基準値から外れると、尿結石が起こりやすい状態となるのです。
水分の摂取量が少なかったり排尿を我慢したりすると、尿自体が濃くなり結石ができやすくなります。
日頃から新鮮なお水がいつでも飲める環境づくりが大切と言えます。
おなかを触られるのを嫌がったり排尿が困難そうだったり血尿が出るようだと、尿結石の可能性が高まります。
尿結石になってしまった犬用のドッグフードには、主にpHコントロールの役割があります。
また尿結石になってしまうと外科的処置が必要な場合も出てくるので、ドッグフードを与える場合にも医師の指示に従う必要があります。
尿結石自体にも種類があり、症状に合わせて適切なフードの量を与える必要があります。
またpHコントロール用のドッグフードを使用するときには、他のおやつやフードを与えてはいけない場合もあります。
病気の為の食事となるので、必ず医師に従いましょう。

尿結石の犬に適したドッグフードは、ミネラルバランスを整えて結石を溶かしたり、予防したりという効果があります。
尿結石は再発しやすい病気でもあるので必ず医師の診断を受け、指示を仰いでドッグフードを与える必要があります。
またそのドッグフードが効果が出ているかを調べる為に、定期的な検査も受ける事が重要です。
病気にならないような食生活を日頃から心がける事と、もし病気になってしまったら早めに病院にかかって適切な処置を施してもらうことで、少しでも早く犬の負担を減らしてあげる事が重要と言えます。
犬にもドッグフードの好き嫌いがあるのはご存じでしょうか。しかし欲しがるものだけ与えて偏った食生活をさせないように工夫が大事と言えます。
また、大事な愛犬には安心安全なドッグフードを与えましょう